忍者ブログ
日本共産党西毛地区委員会の活動をお知らせします。
[53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長らく更新が滞っており、恐縮しております。

 戦争法=と私達が呼んでいる、いわゆる「安保法制」をめぐる国民世論の盛り上がりと運動は、安倍政権をかなりのところまで追い詰めました。
 西毛地区委員会としても、他の諸団体とも力を合わせて、戦争法案を阻止するたたかいに力を尽くしてきました。

 安倍政権がこの法案を強行し、法案は成立してしまいましたが、国民の怒りがこれでおさまったわけではありません。私たちも同様です。

 日本共産党は、9月19日、安保法制が強行採決されたその日に中央委員会総会を開き、今後のとりくみについて、国民のみなさんに、「『戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府』実現をよびかけます」という「提案」をいたしました。


 この「提案」が、いま話題になってきています。なにしろ、「新しい(暫定的な)政府をつくろう」と呼びかけてるんですから。

 「安倍政権をこれ以上続けさせてはいけない」「平和と民主主義、立憲主義を取り戻そう」という趣旨で、この呼びかけが提案されたわけで、来年夏の参院選、そして総選挙で、国会の力関係を変えて、自民・公明政権を打ち倒しましょうということです。

 とはいえ、日本共産党が一党でできることではありません。他の野党と一緒につくることになります。

 で、共通すべき認識が、「戦争法を廃止する」「集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回する」ことで一致できるかどうか、ということなんです。

 政党が違えば、政策や主張は違って当然。しかし、この点だけは一致しうるものであり、また、法案阻止のたたかいを通して、実際に結束してやってきたわけです。

 これを実現するためには、国民のみなさんが、「一致団結して、戦争法を廃止せよ」という声をあげることも必要です。

 もちろん、TPPの今後の問題や原発再稼動の問題、「マイナンバー制度」の問題など、多くの問題を抱えている国政に対して、これらを放っておくわけでは決してありません。国民の利益の立場に立って、引き続き運動を続けます。

 私たち西毛地区委員会としても、このとりくみを今後も一層力を入れてとりくんで行く決意です。

 安倍政権を倒して、平和と民主主義、立憲主義をとり戻すため、みなさんの力を貸していただきたいと思います。私たちと一緒に、新しい政治、新しい歴史への一歩を踏み出しませんか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
jcp西毛地区
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]